2011年06月

■サイト開設の背景■須賀川にとっても原発の影響は小さくありません。避難区域へは一時金が配布されましたが、区域外への補償は出るかどうか判りません。(区域外の)須賀川の農家では生活を苦に自殺者も出ている状況です。こうした「隠れた被災者」を少しでも支援するため、地元にゆかりのある方々よりまず始め、その輪を広げることができればという想いです。
須賀川 神明神社社務所 吉田

【サポートします】地元ブログ立ち上げやります

須賀川エリアを中心に、支援要請や地元情報の提供などおこなっている当ブログですが、ライブドアブログベースで、かつデザイン(画面の構成)もこのままでよろしければ、他の地域でブログを立ち上げたいと考えている団体様向けに作成いたします(無償)。
お気軽にご相談ください。

※ブログの運用(実はこれが一番大変ですが)は、団体皆様にてお願いいたします。


「風評被害」の元凶は誰か、政府の情報開示法は誤り

本来、被曝のリスクは時間当たりの線量ではなく、累積線量で考えるべきだ。しかし当初からマスコミは1時間当たりの線量を胃がんのX線集団検診における被曝量などと比較して安全を強調し、誤った理解を広めた。政府がそのような発表の仕方をしたからだ。現在でも、インターネットの福島県のホームページではこのような情報発信が行われている。
http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/72653a23141c2ea7c094d757bfb7b417/page/1/

市内避難所(6月23日(木)午前9時現在)

市内避難所(6月23日(木)午前9時現在)

須賀川アリーナ 51 うち原発関係の避難者数 17人

市内避難所(6月10日(金)午前9時現在)

市内避難所(6月10日(金)午前9時現在)
 

須賀川アリーナ (うち原発関係の避難者数 19人 )


市内避難所(6月3日(金)午前9時現在)

市内避難所(6月3日(金)午前9時現在)

須賀川アリーナ 79 (うち原発関係の避難者数 19人)
最新コメント
▼支援金募集
  • ライブドアブログ