■全部で5千万円以上?避難所で現金配る2人組

市は「志はありがたいが、被災者に公平に配れる義援金として送ってほしい」と呼びかけている。

行政としては、なによりも「公平」を重視するでしょうから、
こうしたコメントは当然でしょう。

ただ、配分がいつになるのか分からない義捐金口座へ
託すよりも、「小額でも目の前の困ってる人に手渡せれば」
という気持ちも正直あります。

実際、須賀川市へは数億単位の義捐金が集まっているとも聞きます。
しかしそれは、庁舎の建て直し費用へ回されるかもしれません。

「いろいろな支援のあり方」があってよいのではないでしょうか?