Misaさんブログより
http://sakuradlc.exblog.jp/13501852/#13501852_1
昨日は8名の東電社員(役職も名前もわからない人)が来て、
ただ形だけ、下を向いて謝るだけでした。

本当に話を聞いて理解し寄り添う努力をしたいと思っているのか
何をしに来たのか本当にわからない話し合いでした。

何かを決められる権限を持っていない人をいくら責めても
話にならないのは皆理解していますが
あまりにも無責任な対応にがっかりしました。

自分達がどれだけ危険な物を扱っていたのか
施設の内部や仕組みはどうなっているのか知らないと言いました。

こちらは未だに放射線が出続けていて、
たとえ一日一日は少しの量だとしても
子供たちが危険にさらされていることは確かです。
放射能測定器(簡易的なものではなく、原発で使っている
数値を正確に測れるもの)を借りられるようにお願いしていたのですが
その約束すら、謝罪もなくうやむやにされていました。
(帰る前に、これから必ず持ってきてくれることを約束してくれましたが)